友達に戻りたいと言われて別れた場合の、彼との今後の接し方

友達に戻りたいと彼に言われて別れた場合、悲観的にならずに、絶縁されなかっただけマシだと思うようにしましょう。また、彼が身体を求めてきても応じないこと。あくまで、友達として付き合っていけば、いずれ復縁の機会にも恵まれるでしょう。
Pocket

boyfriend

絶縁よりもよほど良いと考える

彼に別れを切り出されても、「友達に戻りたい」という場合ならば絶縁状態を望まれるよりもずっと良い状況です。
そのことを自覚し、素直に別れを受け入れましょう。

変にごねると面倒くさいと思われてしまい、下手したらもっと悪い事態になってしまいます。
友達として冷却期間を置くことで、また復縁を望むこともできるでしょう。

まだ復縁のチャンスはある

彼は今、あなた自身には好意を持っていますが、恋人として付き合っていくには迷っている状況にあります。
素直に彼の意志を尊重してあげることで、度量の深い女性だと思わせることができるため、彼に好印象を与えることができるでしょう。

今後は素直に友達として接してください。

ただし、距離感には気をつけましょう。
恋人として当たり前だったことも友達としてだとおかしいこともありますので、常に相手の反応と距離感を判断しながら慎重に接してください。

軽々しく身体だけの関係を許さない

多くの男性は、一度恋人だった女性はずっと自分のものだという無意識的な考えを持っています。

友達に戻った後も、身体を求められることもあるでしょう。
その時はきっぱり拒絶してください。

彼のことが好きだという感情のままに流されてしまうと、彼の中であなたは恋人ではないけれどセックスをすることができるという非常に都合の良い女性になってしまいます。

恋人のような間柄ではないと割り切る

「友達だから」と線引きをすることで、彼の中にあなたはもう自分のものではないのだという自覚を芽生えさせ、焦らせることができるでしょう。

あなたの魅力を思い出し、他の男性にとられることを恐れるはず。
うまくいけばそのまま復縁や結婚に持っていくことも可能です。

拒絶する際はやんわりと断るだけでは通じない場合がありますので、ハッキリと「もうあなたのものではない」と言葉に出すようにしましょう。

Pocket