本能には逆らえない?男性の本能を利用してモテるテクニック

男性は狩猟時代に狩りの役割を受け持っていたため、現在でも潜在的に狩猟本能が備わっています。そのためターゲットを追いかけて捕らえることに喜びを感じますし、なかなか獲物が捕まえられないと本気になってのめり込んでいくのです。そんな男性の本能を利用して、相手に追いかけさせることがモテるテクニックのポイント。
Pocket

instinct

男性を夢中にするには小悪魔くらいがちょうどいい

好きな相手や「ちょっとイイな」と思っている男性には従順に尽くしてしまいがちですが、女性からの好意を確信すると男性は安心してしまって相手の女性に熱心に構わなくなります。

「付き合い始めたら彼が急に冷たくなった…」なんて悩みを聞いたことはありませんか?
男性は案外傲慢な生き物なので、「この人は俺のことが好きなの!?どうなの!?」とヤキモキさせるくらいの方が、彼は圧倒的にあなたに夢中になってくれます。

メールが来てもそっけない返信を送ったり、彼以外の男性とも仲良くしてみたり。デートに誘われてもすぐにOKしないか、わざと毎回は会わないようにするなどして、相手を焦らします。

でも会った時は嬉しそうなとびっきりの笑顔を見せて、思いっきり小悪魔女子になっちゃいましょう。また、長い時間をかけてアプローチを受けることで、彼はどのくらいあなたに気があるのか?他の女性のところへフラフラしていないか?など、彼からの愛情が信頼できるものかどうかをチェックすることもできるのです。

男性はいつも優位に立ちたがる

狩猟時代から競争に勝たなければならない立場に置かれてきた男性は、他の人よりも優位に立っていたいという本能があります。

それは男性同士で立場を競う時だけでなく、女性が相手でも同じです。支配欲や独占欲が強く、恋人に対しても「自分だけの女」と思っている(または思いたい)気持ちでいっぱいなのです。

そこで、強い独占欲を持つ男ゴコロをくすぐってモテちゃいましょう。男性と話している時に「ポニーテールが好き」「スカートを履いている女の子が好み」など、彼の好みについての話題が出たらチャンス。

髪をアップにしたりスカートを履く機会を増やして彼に会うのです。相手と親しい場合はダイレクトに「ポニーテールにしてみてよ」と言われることもあるかもしれませんね。

要求は適度に聞くことが大事

そういった男性からの要求を適度に聞いて、彼好みの女性になることで、相手の独占欲を満たして気持ちを惹きつけることができます。服装や容姿だけでなく、仕草や趣味、食べ物の好みを合わせるのも良いでしょう。

趣味や食事の好みが近いとデートにも誘いやすくなります。ただし、すべての要求に応えようとすると彼は安心してしまいあなたを追わなくなるので、注意しましょうね。

Pocket