自宅で簡単!異性の前で表情を良くする1分間トレーニング

Pocket

1minits

表情で与える印象は大きく変わる

優しい態度を心がけていても暗い表情ひとつで印象は変わるもの。

別に怒っていないのに「怒ってるの?」と聞かれてしまう…
これでは相手に悪印象を与えてしまいます。

結婚するくらい何も言わなくてもわかってくれる相手なら別ですが、気になる異性の前では印象を良くする表情をしたいものですね。

笑顔の1分間トレーニング

好印象の表情と言えばやはり笑顔です。

笑顔は目の周りの筋肉と、口元の筋肉を鍛えるのが効果的。

まずは思いっきり目を見開き、眉を上に上げましょう。

その状態でゆっくり瞬きを5回してください。

それから唇の両側を指で優しくほぐしてあげ、「い」と「う」という音を大きく唇を使って交互に3回ずつ声に出しましょう。

これを2セット行えば、顔の筋肉がほぐれて自然な笑顔を出しやすくなるはずです。
毎日鏡を見て笑顔の練習を行うと尚良いでしょう。

意識して笑顔を出すように心がけてください。

赤面症には自己暗示が効果的

緊張した時や驚いた時、自分の意志とは関係なく顔が赤くなってしまう赤面症。

異性の前で顔が赤くなるのが恥ずかしい人は、自己暗示をかけるトレーニングがおすすめです。

赤面症は多くの場合、深層心理や心理的な原因が関係しています。

「赤くなったら恥ずかしい」と思うと余計に赤くなってしまうため、いっそのこと「赤くなっても構わない」「赤くなった方がむしろ可愛い」と自分に言い聞かせることで赤面症を防ぐことができるのです。

赤面を防ぐ1分間トレーニング

毎日鏡の前で、「赤面した方が魅力的」「赤面したときの頬はりんごのよう」など、キーワードを決めて自分に言い続けましょう。

すると実際に赤面するような場面に遭遇したとき、とっさにキーワードを思い出して「赤面しても良いのだ」とリラックスすることができ、赤面を防ぐことができます。

積極的な行動があなたの深層心理に働きかけるでしょう。

Pocket