理由不明で別れてしまったとき、それを追求してはいけない

理由もわからずに別れてしまったとき、その理由を追求してはいけません。なぜなら、理由を聞けば必ずあなたはショックを受けるからです。また、彼にとってはそれがベストな選択だったのでしょう。そういうときは、その程度の人だったのだと諦めてしまった方が楽になれます。
Pocket

unknown

なぜ理由を追求してはいけないのか?

恋人から一方的に別れを告げられ、納得がいかなかったとしても、その理由を追及したところであなたが傷つく現実しか待っていません。

たとえば相手が浮気をしていたり、あなたの悪いところが耐えられないくらい苦手だったり、知ってしまえば確実にショックを受けるでしょう。

更にその原因を改善してよりを戻すことはほとんど不可能なはずです。

それが相手にとってベストな選択だった

急に別れることになるくらい切羽詰まった状況だったはず。
相手が何も言わずに別れを切り出したのなら、相手がそれが一番良い方法だと思ったからです。

恋人同士だった頃のことを美しい思い出として自分の中にとどめたまま、また次の恋愛に進むことができるので、追求せずにその恋を終わらせておきましょう。

もしどうしてもモヤモヤが残るのなら、共通の友人などに聞いてみるのも手ですが、やはり傷つくことを覚悟の上で行ってください。

そういうときは相性が悪かったと諦める

「相性が悪かったのだから仕方ない」と割り切ることで、あなたの心を守ることができます。

どう考えたところでショックな事実には違いありませんし、どんなに考えても相手の心は見えてこないはず。
理由もわからないまま別れた場合、自分に何か非があったのではと自分を責めてしまいがちですが、そんなことをしても現実は変わりません。

だったら「価値観が合わなかった」と割り切ってしまった方が前向きな考え方ですし、容易に次の恋に進むことができるでしょう。

その程度の人でしかなかったと思う

理由も告げずに別れるような性格の人だったのだと諦めることで、さほど傷つかずに済むはずです。

ただし、付き合っている途中に彼から何か注意されるようなことがあった場合は、そのことを思い出しましょう。
本当にあなたに悪いところがあった場合、次の恋愛に進んでもまた同じ結果になってしまうかもしれません。

Pocket