好きな人と友達関係から発展しない場合の対処法

好きな人と友達関係から発展しない!という人は、自分と同性の友人に協力してもらいましょう!同性の友人からあなたのいい情報を流してもらうことで、彼の評価もアップ!また、男性をドキリとさせる仕草を取り入れることで、異性を意識させることも忘れずに。
Pocket

development

友人からさりげなく自分の情報を流してもらう

片思いの相手と友人関係が既に完成している場合は、急に告白しても戸惑わせてしまい、失恋の可能性が高くなってしまうもの。
告白の前段階として、自分と同性かつ共通の友人に協力してもらいましょう。

あなたの優しさや一生懸命な姿勢など長所がわかるよう、具体的なエピソードを交えてさりげなく友人に伝えてもらうことがポイントです。
異性の友人ですと逆にあなたと友人の関係を疑われてしまうので、あくまで同性の友人を選びましょう。

なんで同性の友人がいいの?

同性の友人から見た姿というものは相手に対して信頼性を与え、「そんな一面があったんだ」と深く納得してもらえるはず。
良い印象を与え、あなたのことを意識してもらうことができるでしょう。

ただし、本当に信頼できる友人にお願いしてください。
同性の友人は嫉妬心も持ち合わせているため、万が一良くない情報を流されてしまうと大変なことになります。

ドキリとする仕草で、異性なんだと意識させる

友人関係から脱却できないパターンの多くは、相手が異性として見ていないからという理由によってもたらされるもの。
逆に言えば異性として意識させることができれば、新たな関係が生まれるはずです。

ここはあなたが女性だという点を大いに利用しましょう。

具体的にはどういう仕草をすればいいの?

たとえば、彼と会話をしている時にさりげなく髪を耳にかけてみる、上目づかいをしてみるなど、女性ならではの仕草をしてみることが相手をドキリとさせるはず。服の裾を引っ張ってみるのも良いでしょう。
二人きりで出かける時に、いつもと違う短いスカートや胸元を強調する恰好をしてみることも有効ですが、だらしない女性だと思われないように注意が必要です。

また、あまりやりすぎるとあざといと思われてしまいますので、ここぞという時に行うようにしてください。
なるべく二人だけでいる時に行うと、異性として認識してもらえるでしょう。

Pocket