簡単ですぐに実践できる、異性と上手く話ができるテクニック

片思いの相手がいるけど、異性と上手く話せない…そんな風に悩んでいる人は、まずは聞き上手に徹することから始めましょう。聞き上手とは、肯定上手。ただ話を聞いてあげているだけで、相手はどんどん気分が良くなるものです。また、話をするときは自慢話はNGです。
Pocket

conversation

異性と上手く話せるようになるには、聞き上手に徹する

片思いの相手と仲良くなりたいけど口下手で異性と上手く話ができない人は、まずは相手の話を良く聞いて頷いてあげるような聞き上手になりましょう。

ニコニコとした笑顔で自分の話を聞いてくれる人には、人間は好印象を持つもの。
「そうなんだ!」という驚きや「うんうん、それからどうなったの?」という続きを促す相槌を心がけると、相手は「自分に興味を持ってくれているんだ」と感じ、気持ち良く話すことができます。

聞き上手は肯定上手

聞き上手になれば自分から話題を振らなくても良いので、無理なく自然に話を盛り上げることができるでしょう。
相手の話に興味を持つことで、自然に「じゃあそのお店に行ってみよう」とデートに持っていくこともできるはず。

聞き上手とは肯定上手でもあります。
相手の話に対して否定をしたり自分の意見を押し付けたりせず、「あなたが正しい」という姿勢を心がけましょう。

何気ない会話のほうが異性に受ける

会話下手な人は異性に良く思われたいあまり、つい恰好つけた話題や自分を良く見せる話題を選んでしまいがち。
実はこれは異性から「見栄っ張り」と思われ、敬遠されてしまいます。

それよりも普段の何気ない話題や、日常会話の方が印象が良いでしょう。
気さくで楽しい人だと思ってもらえるはずです。

自慢話はNG!失敗談はOK!

人は自慢話や相手を褒めなければならないような話題は好きではありません。
格好つけた話題は相手に「話に付き合ってあげる」という印象を抱かせます。

相手に共感してもらうには、実は失敗談が一番。
または「こんなことがあったんだけどどうしたらいいと思う?」といった対処法を聞く話題も、頼ってもらえているという気持ちにさせるため効果的です。

会話が楽しいと思ってもらえるため、また話をしたいという気にさせるでしょう。
無理をせず自分に合った話題を心がけてください。

Pocket