年齢差があって告白できない人が、年齢差を気にせず恋人同士になる方法

年齢差がネックでなかなか一歩踏み出せないという人は、まず男性の喜ぶツボを心得ておきましょう。相手が年下の男性の場合は、母性を見せることで、反対に年上男性の場合は、初々しさを見せることで、相手の男性を魅了することも可能です。
Pocket

age-difference

年下の男性と恋人になるには、母性を見せる

自分より年下の男性を好きになったら、年上としての魅力を充分に発揮する戦法で迫ってみましょう。

年上女性として何よりも武器になるのは、包み込むような母性。
見返りを求めない豊かな包容力を見せることで、相手はあなたといることに安らぎを感じてくれるはずです。

男の喜ぶツボを心得ておくことが大事

男性というものは、女性よりも純粋でいつまでも子供の心を持ち続けるもの。
「ちゃんとごはん食べてる?」といった優しい言葉や、相手がミスをしたときに「仕方ないなあ」と笑って許せるような深い愛情は、男性にとって温かな母親と一緒にいるような安心感を与えるでしょう。

遠い昔に置いてきた子供心を刺激してあげることで、いつまでもあなたと一緒にいたい、つまり結婚したいという気持ちさえ呼び起こすはずです。
ただし、相手に依存させるようなお節介を焼いたり、口うるさい「オカン」になったりしないように注意しましょう。

年上の男性と恋人になるには、初々しさを見せる

自分より年上の男性と恋人になりたいと願っているのなら、年下ならではの魅力を発揮しましょう。

年下女性としての強みは、純粋で素直な反応を返す初々しさ。
褒められたときに照れたり、プレゼントをもらったときに素直に喜ぶような初心な反応は男性にとって嬉しいものです。

相手が遠い昔に経験したような初恋の甘酸っぱい気持ちを呼び覚まし、恋愛の楽しさを思い出させるでしょう。
男性は、常に女性をリードしていきたいという気持ちを持っています。

特に年下の女性に対しては「色々と教えてあげたい」「頼ってもらいたい」という心理が働くもの。その男としてのプライドを支えてあげるには、何も知らず、素直な反応を返す女性が一番なのです。

ただし、相手に何か聞かれても「私にはわかりません」というような教養のなさや、相手に頼りっきりのような態度になってしまわないように気をつけましょう。

Pocket