これで復縁が叶う!成功者が教える未来日記の書き方と、その例

復縁を叶えたい人は、未来日記を書いてみましょう!書き方は簡単。復縁や願望が叶ったと仮定して書いていきます。そうすることで、潜在意識にまでイメージを刷り込みます。書き方がわからない人のために具体的な例も記載していますので、ぜひ参考にしてみてください!
Pocket

future-diary

未来日記は復縁が叶ったと仮定して書く

元彼との復縁を望むときは、つい復縁できたらいいな、と願望を口にしてしまうものです。

元彼と復縁できるならそうなりたい。でもそれはあくまでも理想の姿、復縁を実現できるはずもない――もしもあなたがそう考えているのなら、今からマイナスな発想を変えましょう。

なぜなら後ろ向きな発想はあなたの深層意識に無意識のうちに蓄積され、あなたの足を引っ張ることになるからです。

また「復縁が叶うといいな」という願望は、あなたの行動を変えるだけの強いパワーをもちません。願望の力をさらに上げるためには、すでに復縁が叶ったと仮定して未来日記を書くことをおすすめします。

願望が叶っている様に日記を書く

願いが叶ったと過去形で日記を書くことにより、あなたの無意識の世界に「この復縁は成就した」と、強いイメージを与えることができます。

無意識に蓄えられた強いイメージは、自然にあなたや元彼を動かす力をもっています。未来日記は復縁以外にも、事業成功や恋愛成就、人間関係の改善など、さまざまな願望に効果のある奇跡の方法とされています。

実際にたくさんの方が未来日記や未来へのメッセージを書き、願望成就に役立てています。効果の高い方法ですから、ぜひあなたも復縁成就のために利用してください。

未来日記の具体的な書き方は?

願望成就に役立つ未来日記。けれど具体的にどんな風に書けばいいのかわからない。そんな方のために復縁のための未来日記の書き方をお伝えします。

まず未来日記は、未来に起こることを小説やシナリオのように具体的に表現することが大事です。

たとえば――今日、元彼と偶然駅前で再会した。最初はあいさつだけ。しばらく会話が途切れたけど、私の方から「元気にしてる?」と声をかけた。そこから少しずつ打ち解けあって、最後は私から「メールを送るね」と言った。彼は笑顔で「うん」と答えてくれた。

――このように小説やシナリオのように、できるだけ細かく情景を書いていきましょう。ペンを走らせていくと、次第に二人の世界に入り込んでいくような感覚を覚えるかもしれません。

イメージを潜在意識にまで刷り込む

空想の世界でイメージされることが、あなたの潜在意識の中に刷りこまれていくことが大事なのです。そうすることによって、復縁できる可能性がどんどん高まっていきます。

未来日記は二人の関係がある程度すすんだところまで書いていきましょう。メールのやりとりから始まり、定期的に会うようになり、やがて元彼から再告白。二人が以前のように仲睦まじくデートする情景も書きくわえておきましょう。

言葉として書き起こすだけではなく、二人のイメージをしっかりと頭の中で思い浮かべることも大事です。イメージが強ければ強いほど、あなたの願望が成就する可能性も高くなります。

Pocket