お会計はどうしたらいい?支払い時の男性への対応

男女がデートに行くと、行く先々での会計は男性が払うものという意識が未だに強く残っている傾向がありますが、そんなときは素直におごられるか、会計時に財布だけでも出す素振りをするといいでしょう。また、おごられたときは感謝の気持ちをきちんと伝えることです。
Pocket

payment

会計時には必ず財布を出すようにする

男女がデートに行くと、行く先々での会計は男性が払うものという意識が未だに強く残っている傾向があります。それは、単純に収入が女性より男性の方が上回っているという事実もありますし、昔から根強く残っている意識として男性は女性の前では見栄を張りたいという思いもあるでしょう。

ただし、近年では男女の収入に関して相違がないことも多くありますし、仕事を持って自立する女性も多い中で、男性の財布に頼らず自分の分は自分で払いたいという本音を持つ女性が増えていることも事実です。

そんな中でも、男性におごってもらうとやはり嬉しいものです。それは女性として扱ってもらったという1つのサインでもあるためです。お金くらい払えないわけではないというプライドと、女性として大事にされているという実感の狭間で、デートのときの会計ではどのようにふるまえばよいのでしょうか。

ここはひとつ、男性の見栄を尊重する気持ちで臨んでみてはいかがでしょうか。

もちろん、おごってもらうことがわかっていても、それが当然という風に会計時に突っ立っていてはいけません。もしお金を出しても断られると知っていても、財布をバッグから出して「払います」というアクションを起こすか起こさないかけでも、気を遣ってくれる女性なのだなという印象をつけることができます。

素直におごられ、その後に感謝の気持ちを伝える

男性は、女性におごることで見栄を張りたかったり、またかっこつけたかったりといった気持ちを本音に持っています。女性も自分で払いたいと考える気持ちも確かにあるのですが、ここは男性の本音を尊重する方向に持っていった方が全てスムーズにいくことがあります。

男性が「おごるよ」と言ってくれたとき、フェアではないと固辞する女性もおられます。その気持ちは一度ぐっと抑えて、素直に男性の厚意を受け取りましょう。そして会計を済ませてからきちんとお礼の言葉を丁寧に述べます。

これだけで、男性は女性に対して、気遣いができることと礼儀正しいという印象を持ちます。デートが終わって家に着いたときは、今日1日の印象とごちそうしてもらったことに対するお礼のメールを送っておくとさらに好印象です。

家に帰ってからも今日のことを思い返してくれているのだなと感じて男性は嬉しくなります。おごったことに対する感謝を持ってくれていることを感じることができて、気遣いだけではなく自分のことを想ってくれているという印象も与えることができるわけです。

このようなマメなアクションが、2人の想いをさらに深めることとなります。男性の気持ちを尊重できる女性だと感じると、もっとこの人のために何かしてあげたいという気持ちに満たされるものなのです。

Pocket