結婚観の違いで結婚できない人が、3ヶ月以内にプロポーズされる方法

結婚したいのに、彼との結婚観の違いで結婚できない人が、3ヶ月以内にプロポーズされる方法をご紹介します!このページで紹介する方法は2つありますが、そのうちの1つは思い切って彼の元を離れてみること。もう1つは、彼に結婚の良いイメージを植え付ける方法です。
Pocket

propose

思い切って彼の元を離れてみよう!

長く同棲しているのになかなか彼がプロポーズしてくれないという場合、彼は今の状態で充分満足していると見て間違いないでしょう。
二人でいることが楽で特に不満もないため、次のステップに進まなくても良いと考えているはず。

楽な方に流されている状態ですので、このケースにはあなたが一度彼の元を離れるという方法が有効です。
短期間でも良いので実家に帰ったり、同棲の解消を申し出てみるのも効果的。またはそれとなく「他の人に結婚を申し込まれちゃって」と伝えてみるのも良いでしょう。

彼にあなたを失うかもしれないという焦りが生まれ、ずっと一緒にいるために結婚を意識してくれるようになるはず。

ただし、やりすぎには注意が必要です。
本当に別れるはめにならないように彼の様子を見るようにしましょう。
彼を責めるようなことをせず、自主的に考えさせるのが狙いです。

結婚がいかに素晴らしいかをイメージとして植え付ける

彼があまり結婚に対して意欲的でない場合、彼の中で結婚に対する印象が悪いと考えられます。
結婚したら浮気は許されない、縛られる、自由にお金を使えないなど、マイナスのイメージだけが先行しているはず。

この場合は、それとなく結婚に対する良いイメージを植え付けていくと良いでしょう。
たとえば子供が出ているテレビを一緒に見て「かわいいね、私とあなたの子供だったらきっとこんな子になるね」という会話をしたり、「私は綺麗好きだからいつも家の中を清潔にしておく自信がある」と伝えてみたり、ファミリーになった場合の具体的な良いイメージを持たせるようにしてください。

ただし、あまりプレッシャーを与え過ぎないように気をつけましょう。
あくまでも「憧れの家族像」を植え付けるためであり、結婚したいのだとハッキリ伝わらないようにすることがポイントです。

Pocket