本人に気付かせずに恋人の金銭感覚を矯正する5ステップ

恋人の金銭感覚がなんかおかしいな、と思うときは、この5つのステップを試してみましょう。まず、デートの際にさりげなく高いと伝えてみたり、自分の節約ぶりを伝えてみたりと、諦めてしまう前にできることはたくさんあるはずです!
Pocket

money-sense

STEP1.デートの時にさりげなく「高い」と伝える

恋人と入るレストランを選ぶ時に「こっちのお店はちょっと高いね」と悩んだり、プレゼントをもらった時に「こんな高い物じゃなくていいよ」と伝えることで、それとなく通常の金銭感覚を把握させることができます。
相手を傷つけずに諌めることができるのがポイント。さりげなさを装いましょう。

STEP2.あなたの普段の節約ぶりを伝える

昼食代を浮かせるためにお弁当を作るなど、あなたが普段行っている節約を教えましょう。
普通は節約をするものだと思わせることができます。

貯金用の口座を別に作っていると伝えるのも良いでしょう。
ただしケチだと思われないように注意してください。
目的のために節約をすることが大切だと教えましょう。

STEP3.将来にかかる金額を知ってもらう

結婚資金にこのくらいかかる、子供が生まれたらこのくらいかかる、など相場を知ってもらうことが大切です。
金銭感覚がズレている人は貯金がないはずなので、焦らせることができるでしょう。

またあなたの貯金額を教えてあげるのも有効。
浪費家は大抵負けず嫌いなため、自分も貯金しようと思ってくれるはず。

STEP4.使った分のレシートを集めさせる

浪費家は、自分の使った金額を把握していないタイプが多いです。

「一日分のレシート見せて」と伝え、自分がどれくらい無駄遣いしているのか自覚させましょう。
一週間分になればどうなるか、一か月分になればどれくらい無駄遣いしているのか知ってもらい、意識づけすることができます。

STEP5.お財布の管理をする

最終的にあなたが彼の一日に使う金額を設定し、管理してあげることを申し出ましょう。
お財布を預かり、一日にこのくらい、とお金を手渡ししてあげることでその金額の範囲でやりくりしてくれます。
充分にお金の大切さがわかったら、またお財布を返してあげましょう。

Pocket