科学的根拠あり!好きな人とのキスには、驚きの若返り効果が!

好きな人とキスをすると、ストレスホルモンであるコルチゾールが抑制されます。ストレスは老いの原因ともなるもの。それを抑制することで若返り効果が期待できるのです。また、キスをすると女性ホルモンのエストロゲンも分泌されるため、より若々しく映るようになります。
Pocket

kiss

ストレスホルモンのコルチゾールが抑制される

大好きな人と交わすキスは、それだけで大きな充足感や満足感、また圧倒的な幸福感に包まれるものです。それは、好きな人に触れることができたという心理的な現象ももちろんですが、それ以外にも科学的に証明された根拠があります。

例えば、キスをすると若返りにつながるという説です。気持ちが満たされて若い気持ちになるという単純な仕組みだけではなく、そこには人間のメカニズムの不思議からくるれっきとした秘訣があることがわかっています。

人の体内には、コルチゾールと呼ばれる副腎皮質ホルモンが分泌されています。適量であれば体内の代謝をコントロールする重要な物質ですが、これはストレスなどによって過剰に分泌されてしまいます。

過剰分泌されると、免疫力の低下を招くとも言われているバランスが難しいホルモンです。愛する人とキスをすることで、何とこのコルチゾール値が抑制され、ストレスが軽減されることが知られるようになりました。

さらには、過剰分泌によって免疫力が下がることも食い止めることができ、最終的に強い体となって適切な代謝を促すことにもなります。結果、体内組織の酸化や異物の侵入、細菌感染などによって健康を害される確率も低くなり、体機能が健康に潤うことで若返りにつながるのです。

女性ホルモンのエストロゲンが分泌される

女性にとってもキスという行為は至福のひとときであるだけではなく、艶やかな美しさを保つためには必須であると言われています。これは、キスをしたときに女性の体に分泌されるホルモンに秘密があります。

そのホルモンとは、女性ホルモンであるエストロゲン。エストロゲンは、生殖機能の保持だけではなく、肌の潤いを保つ働きや乳腺を発達される働きなどがあります。つまり、エストロゲンは女性が女性たる美しさと機能を保つために必要不可欠なホルモンということです。

このホルモンの分泌量がキスをすることで高まり、さらに艶やかで若々しい女性になれてしまいます。また、気持ち的にも相手への愛情が高まり、より女性性が増すことにもつながるのです。

ただし、特に女性の場合はキスにはムードを求めます。ムードのない状態でキスしてもその効果は十分に得られないこともわかっており、さらにはキスの後の男性の優しいケアまでが1セットと考えてもよいでしょう。さらに、これは男女ともですがキスをしたときにはオキシトシン と呼ばれるホルモンが増加するとも言われています。

これは心の安らぎをもたらし、相手への愛情をより深める作用があるとされているのです。キスという行為がお互いに安心感をもたらし、さまざまな作用を起こして若さを保つことにもなることは、ぜひ覚えておきましょう。

Pocket